2007年03月28日

DHCサプリメント

DHCのサプリ

CMでよく宣伝されているため
今更ながら、ためしに数種類購入してきました!

とりあえず、ガブッ。

ゴックン↓。

10粒ぐらいまとめてのんでみました。


どうなることか。。。


ニックネーム ダイエッター at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ビタミンB群

ビタミンB群とは、水溶性ビタミンのうち、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種の総称で、ビタミンB複合体とも呼ばれる。発見当初ラットの発育に必須の単一の水溶性因子として知られていたが、後の研究で複数種の物質からなる混合物であることが突き止められた。ビタミンB群に含まれている8種の物質は、いずれも生体内において、補酵素として機能することが知られている。

ウィキペディア
ニックネーム ダイエッター at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンでないもの

ビタミンでないもの


ビタミンB4 (アルギニン、シスチン)
ビタミンB7 (ビタミンI、純粋物質として単離できない)
ビタミンB13 (オロット酸)
ビタミンB14 (純粋物質として単離できない)
ビタミンB15 (バンガミン酸)
ビタミンB17 (アミグダリン)
ビタミンF (リノール酸などの必須脂肪酸)
ビタミンI (ビタミンB7)
ビタミンP (ケルセチン、ヘスペリジン、ルチン)
ビタミンQ (ユビキノン)
ビタミンU (塩化メチルメチオニンスルホニウム、MMSC、キャベジン)

ウィキペディアより

ニックネーム ダイエッター at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミン

ビタミンA (アクセルフロール、βカロチンなどのカロチノイドの一部)
ビタミンD (エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール)
ビタミンE (トコフェロール、トコトリエノール)
ビタミンK (フィロキノン、メナキノンの2つのナフトキノン誘導体)

ウィキペディアより
ニックネーム ダイエッター at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水溶性ビタミン

水溶性ビタミン

ビタミンB1 (チアミン)
ビタミンB2 (リボフラビン、ビタミンG)
ビタミンB6 (ピリドキシン、ピリドキサール、ピキドキサミン)
ビタミンB12 (シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン)
ビタミンC (アスコルビン酸)
葉酸 (ビタミンB9,ビタミンBc,ビタミンM)
ナイアシン (ビタミンB3)
ビオチン (ビタミンB7,ビタミンH)
パントテン酸 (ビタミンB5)

ウィキペディアより
ニックネーム ダイエッター at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栄養素

栄養素

栄養素(えいようそ)とは、生物が生存したり、成長したり、子孫を増やしたりするために必要な物質のこと。生命を維持するためのエネルギー源や、生体を構成するのに必要とされる材料、生体内での各種化学反応に欠かせない物質などである。

生物は生命維持活動、即ち栄養に必要な物質のうち、体内で合成できないか、または体内での合成のみでは量をまかないきれないものを外部から摂取しなければならない。このような物質をその生物にとっての必須栄養素という。

必須栄養素は全ての生物に共通したものではなく、それぞれの種によって微妙に異なる。例えば、多くの動物は体内でビタミンCを合成できるので外部から摂取する必要はない。ところが、人間やモルモットは体内にビタミンCを合成するための酵素を持っていない。多くの生物にとってビタミンCは必須栄養素ではないが、人間やモルモットにとっては必須栄養素である。また植物では無機塩類としてカリウムは必須であるがナトリウムは生育に必要としないものが大半である。ところが動物は神経系の作動のため、カリウムとナトリウムの両方を必須としている。

ヒトを主たる対象とする栄養学において、栄養素のうち、細胞の主要構成物質であるタンパク質、炭水化物、脂肪を三大栄養素という。三大栄養素にビタミン、ミネラル(両者を微量栄養素という)を加えたものを五大栄養素という。

通俗的には古典的な栄養学の考えに基づく初等・中等学校教育の影響もあり、タンパク質を体の素材になる栄養素、炭水化物と脂肪をエネルギー源、ビタミンを潤滑油、ミネラルを骨や歯の材料に単純化して理解することが広く行われているが、本質的にはどれも体を構成する細胞の構成物質として重要である。例えば細胞の基質はタンパク質を主成分としているが、細胞の内外や細胞内小器官を区分する構造は脂肪から合成されるリン脂質を主成分としている。細胞表面は細胞どうしが互いに相手を認識しあう標識物質で覆われているが、これは糖鎖、すなわち炭水化物で構成されている。ビタミンは細胞の中の酵素反応の潤滑油のような補助的な役割というよりもむしろ、タンパク質でできた酵素分子の中に補酵素としてはまり込んで活性中心を構成するなど、生化学的反応の主役を演じる部品を構成する、特殊な有機物低分子化合物とみなせる。ミネラルも、その多くがビタミンと同様に酵素の活性中心として酵素分子に組み込まれたり、酵素やそれ以外のタンパク質分子が機能を発現するときのスイッチの役割を果たしている。

なお、通常栄養素とは考えられていないが、水は全ての生物の生命維持に必要不可欠な最も大切な栄養素といえる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ニックネーム ダイエッター at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マグネシウム

骨などの発育・形成、筋収縮の機能保持、糖をエネルギーに変える時などに役立つミネラル。
不足すると、疲労蓄積、めまい、筋肉のけいれん等の悪影響が出ます。
汗とともに体外へ排出され、一般的にも不足しがちなミネラルなので、日頃から意識して摂ることが必要です。
また、マグネシウムはカルシウムの摂り過ぎにより損失してしまうため、マグネシウムとカルシウムのバランスが大切です。理想的な摂取比率は、マグネシウム1に対しカルシウムが2となっています。


ニックネーム ダイエッター at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルシウム

歯や骨を作る材料となる栄養素。筋肉の機能維持などの働きもある。体内のカルシウムの99%が歯と骨に含まれている。
発汗で体外へ出てしまうため、スポーツをする人は日頃から十分に摂っておく必要があります。
スポーツをする人の摂取目安は1日900mg、一般の人で600mg〜700mgです。
インスタント食品や炭酸飲料、スナック菓子などにはリンが含まれており、リンによってカルシウムの吸収が阻害されてしまうため、偏食には気を付けてください。
また、ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きを持っているため、ビタミンDの不足にも注意してください。
カルシウム不足が続くと、集中力低下、疲労骨折、骨がもろくなる「骨粗しょう症」になる恐れがあります。


ニックネーム ダイエッター at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンC

溶性ビタミンの1つ。
コラーゲンや腱を合成するときに必要になったり、組織細胞、骨、歯肉、血管などの結合組織の強化、運動で不足しがちな鉄の吸収促進、コレステロールの低下、アミノ酸の代謝促進、ストレス低減、メラニン色素の抑制などに働きます。
不足すると骨の発育に支障が出たり、風邪を引きやすくなります。
過剰に摂取しても排出されるため、摂りすぎを心配する必要はありません。

ニックネーム ダイエッター at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンB1

水溶性ビタミンの1つ。
働きには、
・炭水化物の消化を助ける
・皮膚や粘膜の健康を保持を助ける
・筋肉、神経、心臓等の働きを正常に保つ
・糖をエネルギーに変える
等があります。
不足すると疲れやすくなり食欲減退などの影響が出てきます。


ニックネーム ダイエッター at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンA

脂溶性ビタミンの1つ。皮膚や粘膜の健康保持、発育の促進などに役立つ栄養素。
不足すると粘膜機能の低下により風邪を引きやすくなります。
また、暗いところで目が慣れる反応にはビタミンAが関わっており、極度に不足すると暗いところで目が見えなくなる病気「とり目」になる恐れがあります。


ニックネーム ダイエッター at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アミノ酸

タンパク質を構成している成分。タンパク質が分解されアミノ酸となり体に吸収されます。
人体に必要なアミノ酸は20種類に分類され、さらに必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分類されます。

必須アミノ酸:バリン、ロイシン、イソロイシン、 リジン、メチオニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン、フェニルアラニン
非必須アミノ酸:アラニン、アルギニン、グルタミン、グルタミン酸、アスパラギン酸、プロリン、システイン、グリシン、チロシン、アスパラギン、セリン

必須アミノ酸は体内で合成できないので、食事から摂取する必要があります。
また、アミノ酸と糖質を同時に摂取することで筋肉の合成が高まるとされています。


ニックネーム ダイエッター at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄分

鉄分は体内に約4gしか含まれていません。鉄分が不足すると”だるさ”を感じたり、”ばてやすく”なります。そこでスポーツマンにとって問題になるのが「鉄分は汗からでていってしまう」ということです。スポーツをやっている人は、日ごろから鉄分補給に気をつけた食事を心がけてみてはいかがでしょう。
ニックネーム ダイエッター at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする