2007年03月22日

ストレス

内臓の働きをコントロールする自律神経は二つの系等に分かれています。昼間は交感神経、夜は副交感神経が主に働いています。恐怖や怒りを感じると心臓がドキドキしたりで体は一種の興奮状態に陥ります。

その時、神経伝達であるアドレナリン、ノルアドレナリンが体を駆け巡り、自律神経が刺激を受けます。人間は緊張とリラックスを繰り返しています。

ストレスが加わったときは交感神経が刺激を受け緊張状態になります。慢性的なストレスとなると緊張状態が延々と続いてしまい、リラックスできなくなってしまい、食欲の異常、睡眠不足、肩凝りなどを引き起こすようになります。

ニックネーム ダイエッター at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/780565
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック