2007年02月16日

有酸素運動

無酸素運動で筋肉量を鍛え、増やしたら、腹式呼吸で横隔膜を鍛えます。有酸素運動で心臓や肺などを鍛えると、基礎代謝が増え、全身の持久力がアップし、脂肪も効率よく燃焼できるようになり、太りにくい体になります。

有酸素運動の代表的なものはウォーキングです。有酸素運動によって体内に十分な酸素を取り込むと、体脂肪が分解され、脂肪酸に変化します。これが血液中を流れて筋肉へと運ばれ、エネルギーとして使われるのです。

ただし有酸素運動で脂肪を減らすには40分以上続ける必要があることに注意してください。運動を開始して20〜30分までは、血液中や筋肉、肝臓に蓄えられた糖質(炭水化物)が主にエネルギーとして使われます。その後、体脂肪がよく燃えるようになるので有酸素運動は20分以上行うことが有効です。


【正しいトレーニング方法の最新記事】
ニックネーム ダイエッター at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 正しいトレーニング方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/780554
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック